You are here

Alfresco Digital Workspaceの新機能

Alfresco Digital Workspace 1.2リリースの新機能を紹介します。

Alfresco Digital Workspace 1.2で最も注目するべき点は、Amazon S3 Glacierへのアーカイブ保存など、Alfresco Governance Services 3.1の機能が使用可能になったことです。

Alfresco Governance Services

レコードの処理

ファイルをレコードとして宣言するなど、Alfresco Digital Workspaceでエンドユーザー向けのAlfresco Governance Services機能が使用できるようになりました。

詳しくは、「Alfresco Governance Services.」を参照してください。

長期保存用ストレージへのアーカイブ

エンドユーザーは、Amazon S3 Glacierなどの長期保存用ストレージを使ってファイルのアーカイブ、復元を行うことができるため、使用頻度の低いファイルの保管費用を最小限に抑えることができます。

詳しくは、「ファイルのアーカイブ.」を参照してください。

多言語に対応

Alfresco Digital Workspaceのユーザーインターフェイスを17言語で表示できるようになりました。ユーザーインターフェイスの言語は、ブラウザの言語/地域設定に応じて自動的に設定されます。

使用可能な言語:英語(米国)(en)、ドイツ語(de)、スペイン語(es)、 フランス語(fr)、 イタリア語(it)、 日本語(ja)、 オランダ語(nl)、 簡体字中国語(zh_CN)、 ロシア語(ru)、 ノルウェー語ブークモール(nb)、 ポルトガル語(ブラジル)(pt_BR)、 ポーランド語(pl)、 スウェーデン語(sv)、 フィンランド語(fi)、 デンマーク語(da)、 チェコ語(cs)、アラビア語(ar)

拡張機能の改善

本リリースでは、デベロッパコミュニティからのフィードバックを反映し、多数の拡張機能を改善しています。本リリースの詳細については、「Alfresco Support」を参照してください。

Alfrescoの最新情報を発信するAlfrescodocsもフォローしてください。

Sending feedback to the Alfresco documentation team

You don't appear to have JavaScript enabled in your browser. With JavaScript enabled, you can provide feedback to us using our simple form. Here are some instructions on how to enable JavaScript in your web browser.